2017年 04月 21日 ( 1 )



本日の夜はのびのびになっていた
食事会に浮かれているYUKAです。
おはようございます(*"ー"*)


このところの雨や風で
ほとんどの桜は散ってしまいましたが
先日の強風で最後の桜も散っていました。

ああ、散ってしまったなー
と思いながら歩いていると
目の前に少し
大きな花びらが舞い降りてきました。

花びらを受け止めようと手を伸ばすと
あまりにも強い風に自由を失った
白い小さな蝶でした。





うわぁあぁっ!




と、色気もそっけもない声を
上げてしまった(苦笑
蝶って離れて見るからいいんですw







羽ばたく蝶を見ると思い出すのは

ブラジルの1匹の蝶の羽ばたきは
テキサスで竜巻を引き起こすか?
エドワード・ローレンツ/気象学者


これは
蝶が羽を動かすだけで
遠くの気象が変化するという
通常なら無視できると思われるような
極めて小さな差が
やがては無視できない大きな差となる現象
「バタフライ効果」の喩えですが



それなら日本での蝶の羽ばたきは
世界のどこかで
嵐を起こしたりするのだろうか。








そんなことを
徒然なるままに書き綴った締めは
本日のお弁当。


e0274872_07362129.jpg


【Today's menu】


2色ピーマンの肉詰め
卵焼き
蕗煮
みょうがの甘酢漬け
カラフルラディッシュの浅漬け





e0274872_07362764.jpg



ピーマンの肉詰めは
お弁当に詰めやすい輪切りバージョンで。

1センチ程度の輪切りにしたピーマンに
鶏ひき肉を詰め
少し片栗粉をまぶして
弱火でゆっくり両面を焼いて完成。

色をきれいに見せるには
「弱火で焼く」がポイント。
豚挽き肉は
しっかり焦げ目があるほうが美味しそうですが
この場合は「少し焼き色がつく」
ぐらいがベストです。

焼きすぎたり、ふたをして蒸し焼きにすると
ピーマンの色が変色するので注意。

輪切りにすると肉の厚みが均等になるので
部分生焼けも防げますし
直接フライパンにピーマンが触れないので
色が変色しづらいですよー。



ちなみに輪切りにすると
端が余ったりしますが
この部分は刻んでひき肉種に入れてもよし
ほかに使ってもよし。

私は明日使おうと
こうして野菜室にINしてあります。


e0274872_07375937.jpg





ピーマンの肉詰め
生焼けが不安なら1個試食するべし(笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆





「つくりおき&常備菜づくり」
がラクになる4つのコツ





WOMANエキサイトさんの中で
作りおきや常備菜作りを紹介いただきました。


E・recipe
「つくりおき&常備菜づくり」
がラクになる4つのコツ
↓↓↓





フリーのライターになられた根本さんは
以前から何度か
企画でご一緒させて頂いている方で
信頼しているライターさんです^^
記事のためにコツやポイントも
何度かやり取りさせていただきました。

やっぱりプロがまとめると
こうなるんですね~~。さすが。
私、すごいちゃんとしてる人っぽいですよ(笑

解説や提案の仕方など
これからのブログ記事に私も活かしたい。



いつも作りおき記事をアップしていますが
手順やポイントなど
いつもの私のブログ記事より
まとまって詳しく解説してありますので
よかったら見てやってください^^


何かが参考になれば幸いです♪









◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



幻冬舎×エキサイトブログのコラボ企画
「テーマで作るお弁当レシピ」が
Kindle版で発売になりました。

購入は画像をクリック
↓↓↓
e0274872_00523264.jpg

4人のネット掲載分レシピ以外に
それぞれのブロガ-様のお弁当用ちょこっと副菜
Kindle版掲載用のレシピもあります。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




エキサイトの公式ブログ
プラチナブロガーになりました。
e0274872_21101678.png

これからもお弁当やイエシゴトを中心に
私が楽しんでいる日常を楽しんで更新していきます。
これからもよろしくお願いします^^



応援が更新の力になってます。
お手数ですが、今日も見たよ~と
クリックしてくださると嬉しいです。


 ブログランキング・にほんブログ村へ


 

遊びに来てくださってありがとうございました。

e0274872_07363682.jpg
綺麗な蝶 近くに寄ったらただの虫



[PR]
by yukadiary | 2017-04-21 07:40 | 鶏肉おかず弁当 | Comments(3)

管理人YUKA(左利き)MY弁当と日常の記録ノートです。下の「マイク」マークを押していただくとインタビュー記事が開きます。


by YUKA