<   2018年 08月 ( 35 )   > この月の画像一覧



応援ありがとうございます!



e0274872_08104554.jpg


おはようございます(*"ー"*)

【Today's menu】


冷やし中華





8月最終日がきました。
夏が終わる~~。

ということで
冷やし中華、終わります笑




***



誕生日祝いのコメント
ありがとうございました。


昨日はこのブログだけでなく
インスタでもTwitterでもLINEでも
私が参加しているSNSのあちこちで
本当にたくさんの
お祝いコメントを頂きました。

もう本当に
「私こんなにフォロワーさんいたんだ」
って思うぐらい頂いて笑
本当に幸せです。
(いつも皆さんロムっているんだなぁ笑)

まだお返事が書ききれていませんが
少しづづ書きますね。



あ、まだ受け付けてますけども(爆







◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




先日友人と出かけたお店は
創作うどんのお店。
池袋にある「まんぷく」です。



冷やし担々麺(うどんver)

e0274872_08075535.jpg






白エビの唐揚げ
e0274872_08080891.jpg
店員さんが
かき揚げではなく唐揚げだと言い張るので(笑
白エビの唐揚げですw









明太卵焼き
(安定の名前忘れ)

e0274872_08082660.jpg



私は初めて行きましたが
美味しかったです^^









◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆





今年もはじめます。
9月開催の美活祭り。


「美活祭り」開催のお知らせです。

私の中で、9月は秋の始まり。
秋は大好きな季節です。

まだまだ暑い日が続いていますが
それでも秋はこっそり近づいています。
でも忙しさにかまけて意識していないと、
気付かないうちに冬が訪れてしまう。

自分自身も、生活も、同じかなと思います。
だからこそ
秋の美活、はじめます。


期間
9月1日から30日まで


開催は
9月1日から30日までの1ヶ月

参加自由・宣言のみ。
年齢・性別・人生経験不問
参加宣言はご自身のブログ記事か
私のブログの毎日の記事コメント欄で。
コメントの公開、非公開は問いません。

「今日は○○しようと思います」
「○○してみようかな?」でOK

1日1美活頑張る
毎日のちょっとした宣言でも
週1で頑張ったり
ひと月同じ目標で頑張る宣言でも
宣言内容は自由。

小さな目標でOK。
できたときは自分を褒める!笑



無理なく、楽しく、
出来ることを出来る範囲で(*"ー"*)
宣言したらもう美活仲間(笑)



詳しい内容は
下記を読んでいただければ。
↓↓↓







今日はまで開催するか
非常に悩みましたが
継続は力なり。

皆様の参加に心が支えられるので(笑
参加いただければ幸いです^^





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

応援が更新の力になってます。
お手数ですが、今日も見たよ~と
クリックしてくださると嬉しいです。


 ブログランキング・にほんブログ村へ



遊びに来てくださって
ありがとうございました。
  
e0274872_08074095.jpg
今日を満喫しよう

by yukadiary | 2018-08-31 08:35 | 麺類のお弁当 | Comments(12)


応援ありがとうございます!

e0274872_07360316.jpg


おはようございます(*"ー"*)

【Today's menu】

梅おむすび
卵焼き
鶏つくね
アスパラと赤ピーマンの
粗挽きこしょう炒め
カニかまサラダ
花ハム






誕生日ですが
夜遅くまでがっつり仕事(←
おでかけは明日にお預け



夜に下準備をして
朝はささっと詰めたお弁当。

e0274872_07362104.jpg
メインは鶏つくね
おにぎりに合わせてピック刺し。











昨日は友人と食事をしてきました。
今日が誕生日というと
コメダ珈琲店で
シロノワール・ミニを奢ってくれました笑


e0274872_23521814.jpg








アイスコーヒーとともに。

e0274872_23523416.jpg


良い夜でした。
ありがとねー。








そして
一足先にと週明けで頂いていた
プレゼント。
e0274872_07390462.jpg






I先生からでした。
誕生日を憶えてくださっていたなんて感激。


女子力高いなー。
e0274872_07385044.jpg

ありがとうございます^^






今日もがんばろ。


e0274872_07364124.jpg


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



8月30日


もし時間を巻き戻せるなら
いつの私に戻りたいか

真剣に考えたことがあります。

今の記憶を保ったままで
もしそれが許されるなら
どこに戻って私をやり直せば
私は私の理想に近づけるのか

詮のないことを真剣に
延々と考え続けて巡り廻る
誰でも1度は考える邂逅
堂々巡りの繰り返し。
それは過去への希望かもしれません。




かつて昔
祖父の中で私は
1番のお気に入りだったそうです。
口が悪く孫たちをからかってばかりで
孫たちから敬遠されがちの祖父に
屈託なく笑いながら
それでも食い下がっていたのは
私だけでした。

だから私が1番
祖父の槍玉にあがっていたのを
いやというほど思い出します。

今考えるとそれはどうなの?
と思うぐらい口の悪い祖父の言葉の欠片たち。
それをものともせず聞き流せたのは
私も祖父が大好きだったからでした。

祖父の分かりにくい愛情は
真昼の月のように見えずらくても
幼い私のどこかに届いていたのだと思います。

今際の際でまで私に会いたいと
呟き続けながら亡くなった祖父。

色々な事情で祖父の死に目に立ち会えず
後悔は今でも胸の奥で燻り続けていて
時々心が震えて哭きたくなります。

どんなに悔やんでも時間は戻せませんが
私にかけてくれていた祖父の想いを
私も生涯忘れることはないでしょう。




かつて昔
祖母は私の教科書でした。
お茶にお花に着付けの師範だった祖母。
書道に料理に裁縫に英会話まで
博識でとても有能な祖母でした。

厳しいまでに誇り高く美しく
そして実はとても優しい。
ほんの少しの間一緒に暮らしていた頃
祖母の好きだった時代劇を観ながら
祖母は私に語りかけてくれました。

幼い子供にとって
時代劇は面白いものではありませんから
お話の内容よりも髪型や着物や話し言葉
目についたものを矢継ぎ早に
とりとめもなく質問したのを覚えています。

子供扱いせず
その全てにきちんと答えてくれた祖母。
その頃の私は傍に座って
ただ聴いているだけでしたが
それが祖母なりの
孫との交流だったのでしょう。
私の古典的な芸事や歴史への知識と関心は
祖母のおかげだと思います。

大好きだった祖母と過ごした
何気ない日常に残る
小さくて大切な思い出たち。
どこか母に通じる不器用さと共に
いつも凛とした姿で座る祖母の姿は
今でも私の記憶の中でいきています。




かつて昔
体の弱い私のそばにひとり
いつも母が寄り添ってくれました。
記憶にないほど幼い頃
食の細い私を追いかけて食べさせるのは
とても大変だっただろうと
今なら想像ができます。

仕事が忙しく帰宅の遅い父が居ない部屋で
当時の若い母は
何度心細い夜を過ごしたでしょうか。
毎晩のように高熱を出し
時にはサイレンの音と共に
病院へ駆け込んだ日々を
懐かしそうに笑って語った母を
今では私が懐かしく思い出します。

どんなときでも子供が1番で
厳しく優しく
良いも悪いも全てにおいて
私のなかには今もなお
母の言葉が色濃く残っています。




かつて昔
私の名前は父がつけました。
体が弱く元気でいる数少ない日々の中で
私が元気のある日を見つけては
散歩に連れ出していたと語った父。

可愛い子ですねと
声をかけられることが嬉しくて
あてどなく散策をしたんだと
照れたように笑っていた父を
私はきっと忘れないでしょう。

初めての娘のために本を紐解き、
字画を調べ悩んで探して
付けてくれた名前と共に
私は人生を歩んでいます。




例えば無意識に出た言葉の中に
例えばふと気づいた癖の中に

出会った物語の中で
傾ける曲の中で
出掛けた街の中で
触れ合う人の中で

空を見上げ
風を感じ
雨を憂う日々の中で

私のなかに残る想い出が
そこに残してくれた心の欠片が
私を創っているのだと
実感することがあります。

形の残るような大きな財産を
残してはあげられないけれど
目には見えない無形の財産を
たくさん残していくからね。

かつてまだ元気だった母は
そう言って私に笑いかけました。

だからいつか私が逝くそのときまで
もしも最後に私がひとりで居ても
決して独りではないでしょう。

だからもし戻れるなら
いつの私に戻りたいか
そう真剣に考える度に行き着く答えは
今のまま。
やり直したい過去も想いも抱えて
今のままで。

今までがあって今があるのならば
希望は過去ではなく
未来に見いだすもの。

私の未来はどこに続き
誰と出逢い、どんな別れを知るのか
不確実な岬の先で待つものに
恐れも不安もありますが
私は私で
私以外にも私以上にもなれません。

ありふれた日常の中で
たわいもない会話の中で
覚えていてもいなくても
聴いていてもいなくても
かつてあった事実と想いは
私の心の底に残っています。

苦しみや哀しさで
心が押し潰されそうなとき
目の前の壁がとてつもなく大きく
自分を見失いそうになるとき
それはきっと支えになるでしょう。




8月30日
今日はそんな私の誕生日。

貰った名前と
かけてくれた想いと共に
私が愛する
私を愛してくれる人たちと共に
これからも私の時間を
生きていこうと思います。



今日この日に来てくださって
本当にありがとうございます。

ここに来てくださった皆さんと
皆さんの大切な誰かの支えになる
そんな想いと思い出も
綿々と続いていきますように。






◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

応援が更新の力になってます。
お手数ですが、今日も見たよ~と
クリックしてくださると嬉しいです。


 ブログランキング・にほんブログ村へ



遊びに来てくださって
ありがとうございました。
  
e0274872_07365963.jpg

今日も素敵な1日を♪



by yukadiary | 2018-08-30 07:47 | 鶏肉おかず弁当 | Comments(14)

12 夏の香り


言葉を綴る習慣を思い出そうと、この日記をUPし始めてひと月が経過した。

炎夏の夜を慰める雨声を聴いた日から、あっという間のような、まだまだのような、少し曖昧な気持ちでいたのだけれど、気がつけば夏陰を探し歩いた季節が少し和らいだ気がする。

マンション前の路地では鳴き疲れた蝉が儚い生涯を終えていた。課題に追われる学生の嘆きに紛れて、来年使用の手帳発売という声が画面の向こうから聞こえてくると、そんな時期かーとまたぼんやり思う。夏らしいことをしたいなーと思っていたのに、結局打上げ花火も夏祭りにも参加できず、浴衣を着ることもなく、気がつけば8月も終わるという事実。例年のごとく「夏らしい」ことに縁がないまま、日々の小さな出来ごとから季節は滔々と流れているのだと思い知る毎日。

自分の誕生日が8月の終わりのせいか、誕生日が来ると夏の終わりを想う。関東は夏休みの終日が8月末ということもあって、この感覚は学生時代の名残かもしれない。今年もそろそろひとつ年を重ねる。そんなに嬉しくもないけれど、否定するほど嫌でもない。夏生まれなのに夏が苦手だということが少し切ない。

季節が移り変わる前触れか、竜の巣のような積乱雲を見た。あの中に絶対ラピュタの城が浮かんでいるはず!と驚愕しつつ見ていたのだけれど、TLで同じように思った人が大勢いて笑ってしまった。名作は何年経っても色褪せずに人の心に残るのだなと思う。飛行石が欲しいな。

そんなことを思っていたら、翌日は途切れることのない光が雲を割くように駆け抜けて、雷鳴轟く豪雨となった。この日は実に二万もの落雷があったらしい。熱に呼応する雲が鳴いているようだ。体の奥底に響く雷鳴に慄きつつ、どこかでその雷光を美しいと称えながら窓の外を眺めていた。苛烈な夏の声を聴いた空は、何に憤っているのだろう。誰かが『バルス』とでも唱えたのか。

尊大に膨れ上がった自意識を垂れ流して街を構築し、万能であるかのように振る舞う様を嘲笑うように、自然はあがらうことのできない力をもって、唐突に人の営みを蹂躙する。その度に人は自然の力の激しさに驚愕し、畏れ、哀しみ、憤るのだけれど、また少しずつ記憶を溢しながら前へ前へと歩いていく。人は愚かで可愛い生き物だから、日々何かを忘れながら生きていく。忘れたいことも忘れたくないものも、忘れてはいけないことも等しく。この雷雨も週が明ければ話題にものぼらないだろう。自然の脅威という言葉を目にする度に、自嘲しながらそんなことを思う。

人は愚かで可愛い生き物なので、自身を過剰に褒め称えなければ生きていくこともままならない。それが自分への鼓舞であれ憐憫であれ同じことで、他者と比較しながら社会性を身につけることを義務付けられた人間は、絶えずマウントを奪い合うようにして生きている。そうしなければ漠然とした不安や苦悩に押し潰されてしまうのだろうか。愛し合う人と日々の食事と安心して眠れる場所さえあれば、人は生きていくことができるというミニマムな原理原則に共感を覚えた夜が沈んでいく。もっとシンプルに生きたい。

雷鳴を轟かせた雲は熱を引き連れてどこかに消えた。喧騒の夜に落としていったのは、夏の終わりを告げる湿風と雨の香り。今年の夏がまた南へ帰っていく気配がする。あなたは苦手だけど嫌いなわけじゃない。

ぼんやりしていると知らないうちに消えて見えなくなってしまうから、ここに記しておく。


さようなら。
また来年逢いましょう。









by yukadiary | 2018-08-29 00:32 | DIARY


応援ありがとうございます!


e0274872_09243352.jpg

おはようございます(*"ー"*)

【Today's menu】



クロワッサンサンド
野菜ジュース





今日は午後から仕事なので
お弁当なしにしようかと思ったのですが
少し早めに仕事先に入る予定。
まともに食べるところがなさそうなので笑
ハムとたまごで
サンドを作りました。

e0274872_09244673.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



昨日の東京は恐ろしいぐらい
雷鳴轟く雷雨となりました。

こ、怖かった。

いっとき、途切れることなく
雷が光っていて
もう本当に何が起こったのか
わからない感じでした。

雷雨をよけて帰宅したので
私は無事でしたが
地域によっては浸水したところ
停電したところも多かったみたいです。
大丈夫かなぁ。


今日は何ごともなく
1日が終えられることを祈ります。






◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

応援が更新の力になってます。
お手数ですが、今日も見たよ~と
クリックしてくださると嬉しいです。


 ブログランキング・にほんブログ村へ



遊びに来てくださって
ありがとうございました。
e0274872_09250242.jpg
ではでは。
  


by yukadiary | 2018-08-28 09:32 | パンのお弁当 | Comments(0)


応援ありがとうございます!

e0274872_06174755.jpg


おはようございます(*"ー"*)

【Today's menu】

梅おにぎり
ピリ辛チキン
漬けたまご
カニかまサラダ
みょうがの梅酢漬け



昨日がっつり寝坊したので笑
今日は流石に気合いを入れて起きました。
4時30分。
お日様より早起きー笑


e0274872_06184326.jpg



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆






そして昨日はお弁当なしだったので
出先で食べたランチ。


カフェというより
喫茶という感じのレトロなお店でした。

e0274872_22244787.jpg


ビーフシチューとパン
アイスコーヒー。

けっこう美味しかったです。










◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

応援が更新の力になってます。
お手数ですが、今日も見たよ~と
クリックしてくださると嬉しいです。


 ブログランキング・にほんブログ村へ



遊びに来てくださってありがとうございました。
  
e0274872_06185528.jpg

今日もがんばろー。おー。


by yukadiary | 2018-08-27 06:19 | 豚肉おかず弁当 | Comments(0)

応援ありがとうございます!

e0274872_22584011.jpg


おはようございます(*"ー"*)


8月も後半ですが
まだまだ暑いですね~。
ただし
すこーしだけ
空気が変わってきた気もしています。
日中は暑いですけどね笑


東京はいい天気。
今日も今日とてお仕事ですが
実はがっつり寝坊しました笑
ベッドから飛び起きて
バタバタ準備して
なんとか間に合いました。
今、電車の中ですw

お弁当は無いので
今日はこの間食べたお寿司。


実はあまり体調が良くなくて
お腹が空いてはいなかったのですが
もふもふさんが
寿司が食べたい!というので
お寿司を食べてきました。




暑かったのでビールを頼んで
まずはクジラ刺し

e0274872_22592178.jpg





名前がなんだか忘れてしまった
魚の姿揚げ

e0274872_22593296.jpg

わかる方いますかね?



たまご

e0274872_23002502.jpg





飲み物は
緑茶ハイ2杯

e0274872_23004072.jpg





鱧と季節野菜の天ぷら

e0274872_22595129.jpg

調子が良くないと言いつつ
天ぷらを食べる矛盾(笑







飲み物は
生レモンハイに変わる。
たぶん、2~3杯。

e0274872_23005256.jpg




あれ?寿司屋だよね?
天ぷら屋じゃあないよね?
というラインナップ笑

なんとなく気分ではなくて
ここまでまだ「握り」を頼まず。

寿司屋なんですけどね苦笑




このところ寿司づいていて
お寿司
ちょっと食傷気味で
若干飽きてたせいもあります。




飽きてたって、
ちょっと生意気だな笑





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆






調子が良くないと言いつつ
けっこう飲んでしまって
もう完全に握りの気分ではなくなって

今回は細巻き2種。



トロたく
e0274872_22585850.jpg




うに
e0274872_23001402.jpg

二人で半分こ。



ということで
完全に握りは食べないという
珍しい、お寿司の日でした。
(もふもふさんは食べてました)



さぁ今日も頑張ります。
皆様、素敵な1日を♪



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


応援が更新の力になってます。
お手数ですが、今日も見たよ~と
クリックしてくださると嬉しいです。




 
ブログランキング・にほんブログ村へ





遊びに来てくださって
ありがとうございました。


e0274872_23010496.jpg
美味しゅうございました。


by yukadiary | 2018-08-26 08:56 | 外食しよう | Comments(5)


応援ありがとうございます!

e0274872_07500734.jpg


おはようございます(*"ー"*)

【Today's menu】



枝豆と梅のおむすび
豚肉とシメジのソテー
ししとう焼き
華ハム
漬けたまご


しめじを買って
すっかり忘れていたので
昨日の夜、ほぐして冷凍しました。
1部、今日のお弁当。


e0274872_07503240.jpg




暑くはないけど湿気が酷い
という気候にやられて
いつもより疲れている気がします。
湿度って疲れますねー。


もう少し仲良くなりたいのだけれど
強すぎる夏は苦手だなぁ
今日も今日とて大荷物
抱えて1日、仕事に奔走です。

朝聴く用の
テンション上げてこうぜ!
的な楽曲をかけてがんばろう笑



週末。
お休みの皆様、お仕事組の皆様
今日も素敵な1日を♪







◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

応援が更新の力になってます。
お手数ですが、今日も見たよ~と
クリックしてくださると嬉しいです。


 ブログランキング・にほんブログ村へ



遊びに来てくださってありがとうございました。
  
e0274872_07504719.jpg

いってきまーす


by yukadiary | 2018-08-25 07:52 | 豚肉おかず弁当 | Comments(0)

8.24 おにぎり弁当



応援ありがとうございます!

e0274872_06252935.jpg


おはようございます(*"ー"*)

【Today's menu】


梅おにぎり
お花畑ウインナーロール
漬け卵
小ナスとししとうの生姜焼き
みょうがの梅酢漬け


ぷらむ
ぷるーん
きうい






寝坊はしていないのですが(笑
なんか時間がなくて
急いで作ったあり合わせ。
昨日の残りのウインナーロール
そのたもろもろ。


果物が食べたくて
久しぶりに容器2個持ち。
そして全く意味はないんですが
ひらがなで書く果物の名前って
なんか可愛い笑



e0274872_06272410.jpg


***




そして昨日
記事をアップした後に気付いた
鍵コメさんのコメント
アップ後に読みました。
とても嬉しかったです。
ありがとうございました^^








◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

応援が更新の力になってます。
お手数ですが、今日も見たよ~と
クリックしてくださると嬉しいです。


 ブログランキング・にほんブログ村へ



遊びに来てくださって
ありがとうございました。
  
e0274872_06273674.jpg

今日も素敵な1日を♪


by yukadiary | 2018-08-24 06:30 | おむすび弁当 | Comments(1)


応援ありがとうございます!

e0274872_07333136.jpg


おはようございます(*"ー"*)

【Today's menu】

ハムサンド
ゆで卵
花型ウインナー
プルーン



e0274872_07334677.jpg

Twitterで知った
お花畑ウインナーロール
作ってみました。




テストメイドジャパンのレシピは
見ているだけで楽しいのですが
これはお弁当にぴったりで
ちょっと可愛い。


私のレシピではないですが
お弁当おかずに困ったときは是非♪





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆





もう1年以上経つのですね。
以前書いたこの記事
覚えている方もいるでしょうか?










昨日の夜にDIARYを更新しまして
そこでも書きましたが






亡くなって1年以上経って
まるで有名人のように
個人にたいして
有志による「偲ぶ会」が開催されるって
どれだけ素敵な人だったんだろうと思います。


ここは生活系お弁当ブログなのですが
忙しいを言い訳にしてサボっていた
自分の時間を更新すべく
最近、日記と称して
画像のない記事をちょいちょい更新してまして
昨日はもふもふさんの慕っていた上司の方の
「偲ぶ会」だったそうです。

完全に自分記事でUPしていますが
いいねまで頂いて
本当にありがとうございます。
画像なしの個人的な日記は
ここの需要的に
うっとうしいと思われているのでは?
と、少々慄いていたりするのですが(笑
すみません。
苦手な方は飛ばしてください。
でも読んで頂ければ幸いです。




昨日の会でまた想いを昇華して
今日の彼が
いつもの彼であればいいなと思います。







◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

応援が更新の力になってます。
お手数ですが、今日も見たよ~と
クリックしてくださると嬉しいです。


 ブログランキング・にほんブログ村へ



遊びに来てくださってありがとうございました。
  
e0274872_07340638.jpg

今日も素敵な1日を。


by yukadiary | 2018-08-23 07:34 | パンのお弁当 | Comments(0)

11 献杯


今日は偲ぶ会だと、彼が週末に言っていた。

昨年の5月、GW明け。彼の慕っていた上司が急死したと知らされて、珍しく落ち込んでいたのを思い出す。40代半ばの突然死。1部上場の企業の中でも、有能で出世頭であったK氏の訃報はあっという間に駆け巡り、仕事先では過労死ではないかと囁かれていたらしい。家族の意向で葬儀は身内のみで行われ、彼が知ったときには既に通夜も葬儀も終わっていた。

逢うなり酒が呑みたいという彼に付き合ったのだけれど、外呑みが好きな彼が珍しく家呑みを希望したので、簡単な酒の肴を用意し、彼の思い出話に寄り添ったあの日からもう1年と3月が過ぎている。あの日、酒豪を自負する彼が顔を真っ赤にして酒を呑みながら、ぽつりぽつりと静かに語るたびに心が透けて見える気がして、ゆっくり沈んでいく夜に2人で献杯をした。

苦しいとか寂しいという感情を上手く隠して生きる癖がついた男の人は、心の機微をあまり話してはくれないものだけれど、薄く笑う彼の口の端に、紡ぐ思い出の断片に、寂しさと小さな後悔が滲んでいた気がする。常に物事にあまり動じない彼のあんな顔を、あんな塞ぎ込んだ姿を見るのは初めてかもしれない。お酒を注ぎながら内心で酷く驚いたのを憶えている。

彼の語る生前のK氏は、まだ彼の中で生々しいほどに生きていた。かけてくれた言葉と心を思い返していたあの日、「泣きはしないよ」と笑っていた彼はきっと泣いていたのだろう。現実に涙を流すことができなくても、間違いなくあのとき、彼の心は泣いていた。

仕事嫌いで飄々と生きる彼が入社当時すでに有能であった上司を、いつも怒られていたんだよと零しながら、心の中で涙を流すほど慕っていたのだと感じて、そのことになぜか胸がいっぱいになった。きっと仕事を超えてあまりあるほど素敵な人だったのだと思う。あの彼がそこまで慕うほどに。それでも結局私は何も言えず、ただK氏を偲んで寂しそうに笑う彼の思い出話に付き合っていただけだった。

私はその方を知らないけれど、心に刺さる棘のような後悔は痛いほどよく知っている。最後に逢った遠い佳日、もっと飲みに誘えばよかったと、もう少しまめに連絡を入れれば良かったと、悔やむ気持ちを笑い飛ばしながらあっという間に酔いの回った彼は、そのまま小さな寝息をたてて眠りについた。


もしもこの先、私が突然彼の前から姿を消したら、やっぱりこんな顔をするのだろうか。積み重ねてきた思い出を振り返ってくれるだろうか。今日のように小さな悔恨や寂しさを抱えて、泣くこともできずに杯を重ねるのだろうか。それとも夜に赦されながら涙を流すのだろうか。どこかでそうであったらいいなぁと想う私は、なんて醜悪で傲慢なのだろう。

そんな私の気持ちが透けて見えたのかもしれない。「YUKAは死なないでね」と最後に小さく呟いて眠りについた彼に驚いて、やっぱり彼にあんな顔をさせるのは嫌だなと思う。私の不謹慎で傲慢な想いを吹き飛ばしてしまうほど、彼は悲しんでいた。

あれからずっと、通夜にも葬儀にも参列できなかった淋しさを抱えていた彼は、K氏を慕う有志で偲ぶ会が開かれると聞いて参加を決めたと教えてくれた。地元を離れて呑むことが好きではない彼が、珍しく電車を乗り継いで参加する。

「いってらっしゃい。気をつけてね」とLINEをして始まった今日が終わる。きっと今頃、多くの思い出を抱えた仲間と呑んでいるのだろうと思う。この夜が明ければまたいつもの日常が始まり、尊敬する上司との過日を思い出に閉じ込めて、彼らの日常は続いていくだろう。

今日は酒の力にあがらわず、思い出の呪縛に逆らわず、その力を借りてきたらいいと思う。できれば人前で泣くことのできない男の人たちに、泣くことのできる力を貸して欲しい。静かに満ちていく夜に赦されてほしい。そして綿々と想いを語って安らかであれと願ったあとは、それらを酒に流して、きれいに呑み干して、彼らの心に抱えている憂いが少しでも晴れることを願う。


彼が慕うK氏と彼のために
今日は私も献杯を。



5.10記事





by yukadiary | 2018-08-22 22:26 | DIARY

管理人YUKA(左利き)MY弁当と日常の記録ノートです。下の「マイク」マークを押していただくとインタビュー記事が開きます。


by YUKA